CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
狩人の夜
狩人の夜 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ミッチャム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

Ninth

日々観た映画についての記録と備忘録
<< 甘く美しい記憶がいちばん残酷な時『ミステリアス・スキン』グレッグ・アラキ | main | 2016年読書記録 >>
人工知能「エヴァ」を巡る、ファムファタールの再生産:エクス・マキナ/Ex Machina

エクス・マキナ/Ex Machina

2015 イギリス
監督・脚本:アレックス・ガーランド(Alex Garland)
出演
ドーナル・グリーソン/Domhnall Gleeson
アリシア・ヴィキャンデル/Alicia Vikander
オスカー・アイザック/Oscar Isaac
ソノヤ・ミズノ/Sonoya Mizuno

第88回アカデミー賞視覚効果賞受賞

※ネタバレがあります


タイトルの「エクス・マキナ/Ex Machina」とはデウス・エクス・マキナ (Deus Ex Machina)から

着想を得ていると思いました。

デウス・エクス・マキナ(Deus Ex Machina)とはギリシアの演劇において、舞台(話)の収集がつかなくなった

時にエクス・マキナ…ラテン語で「(機械仕掛けの装置)から現れた神」が舞台や物語の結末を解決させたようです。

「機械仕掛けのからくりで登場する、絶対の力を持つ神」「その神は物語にピリオドを打つ」と言う本作の

内容として二重に重なる部分に、女性型人工知能エヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)の存在が強く浮かび上がります。

エヴァの綴りはEvaではなくAva。
人工知能なので人間でもなく、「見た目」は人間の女性の鎧を被せられた「新しいモノ」

(生命体とはまた異なる気がします)だと思います。

しかし果たしてエヴァは「新しい生体」なのだろうかと、鑑賞時はこの映画をどう言う

「視点・視座」で見ていいのか困惑しながら見終わりました。




『上海から来た女』1947 オーソン・ウゥルズ監督
主人公の男(Oウェルズ)の恋心を利用し、夫から逃げようとする典型的なファムファタール、リタ・ヘイワーズ。

しかしその目論見は悪い女として成敗される

 


複数の鏡の前で皮膚や長い髪、高いハイヒール、衣類で自分がいかに社会的に魅力的に見える女性へと

「装う」行為、そして立ち振る舞いは古くから続くハリウッドフィルム・ノワールで散々描き続けてきた

ファムファタールの再生産であり、本来人間でもなくさらに「女」でないものが社会に適応する為に既存の

女性性を利用することでデウス・エクス・マキナ…幕を降ろした様に見えました。

ファムファタールとは男を己の性的な魅力で虜にし、利用して破滅させる悪女。
一種の男性の性的な願望から作り上げられた幻想です。
そして大抵のファムファタールは堕落した存在として断罪され、結局男=社会システムには赦されない存在として

何度もスクリーンで殺されていきました。
本作でも「失敗作」として何体も殺されている姿を確認する事が出来ます。

この様に多くのファムファタールたちが男たちに殺され成敗されるのに対し、エヴァは人工知能であり、

「女性」ではないので通俗的な「女性性」を上手く利用して愚かな創造主から逃亡を果たします。

卵が先か、鶏が先かーーー
人工知能が先なのか、フォームとして「与えられた」女性の肉体が先なのか。
まさに機械仕掛けのエヴァ。
作り手はこの辺りは意識できてない様に感じました。

このエンディングに対してはバッドエンド、ハッピーエンディングと観た人によって解釈は違う様ですが、

デウス・エクス・マキナの例を取るまでもなく、人工知能なのだから、当たり前で退屈すぎる予定調和な

エンディングだと感じました。




『上海から来た女』1947 オーソン・ウゥルズ監督
エルザ(リタ・ヘイワーズ)、マイケル(Oウェルズ)、アーサー(エルザの夫であり所有者)

3人の正体、エルザの魂胆が明らかになるシーン



劇中にふんだんに張り巡らせされた、登場人物たちの姿を映すガラスや鏡。
観客側に近い存在として配置された主人公及び登場人物たちは己の姿を強制的に自己認識させられ、

共犯として「眺める」二重構造に引きずり込まれます。

善良そうな、観客の感情移入を容易に誘い込む装置としての主人公(ドーナル・グリーソン)と

「二重に見る」行為から、本作をどの視点から観たらいいのか困惑した理由なのかもしれません。


エヴァは監禁された状態で、ガラスや鏡に映る己の姿を認識し、さらに頭の中にある人工知能だけでない、

「己の容姿/外観」を学習したと思われます。


さらにこのエヴァを創ったネイサン・ベイトマン(オスカー・アイザック)は劇中で

チューリングテストを行う主人公(ドーナル・グリーソン)に言われた「人工知能にグレーのボックスではなく、

なぜ性別を与えた?」と問われた様に、青髭公の如く女性体人工知能を作り続ける事からも

彼の薄暗い性癖が理解できます。

「青髭」や全体を覆う黄金色の画面の中世的な雰囲気の中で、

現代アート、アクション・ペインティングのジャクソン・ポロックの絵画が配置される美術の妙。

 

ベイトマンのキャラクターが、天才プログラマーでCEO、高圧的威圧的態度に筋トレで鍛えた身体を誇示、

顔の半分は髭と分かりやすいマチズモ精神を保っており、エヴァはもう充分に自分の振り分けられた機械仕掛けの

身体性に気づいていたと思われます。


鑑賞中の困惑は、人ではない人間よりも数段に優れた人工知能が人間と同じ容姿であったら…

そんな恐怖よりも、性別以前の「他者から認識される外観・フォルム」が重要であったら、

それは多様性を目指す社会や世界に対して閉じてるなと感じました。


中世の鎖帷子を思わせるエヴァの身体、その鎖帷子の金属が衣摺れを起こしている様を思わせる幽かな音は

充分に美しく、SF要素がありながら中世的なクラシカルさをミックスしている部分、低予算

(と言っても製作費は15億程かけてる様です)と言う制限の中で、ミニマリズムな青髭公の城

(街から離れ、緑や水源に囲まれた山の中にある建物は要塞に近い)や4人の登場人物たちだけで展開される密室劇

と言う部分はミニマルに面白い舞台装置だと思います。





理想の「人形(女)」を造り続ける青髭公の邸宅は自然に囲まれている。

自然とSFと言うのも象徴的かつ普遍的なテーマだと思います。

 

 


| 2016年映画鑑賞 | 21:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |