CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
狩人の夜
狩人の夜 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ミッチャム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

Ninth

日々観た映画についての記録と備忘録
<< 2015年読書記録 | main | 2015年映画鑑賞 >>
張徹(チャン・チェ)メモ
【memo】張徹(チャン・チェ/Chang Cheh)
※随時更新・書き換え

【1】
マカロニウエスタンと張徹(チャン・チェ/Chang Cheh)
https://web.archive.org/web/20041209084753/http://edu.ocac.gov.tw/culture/chinese/cul_kungfu/c/4142-2.htm

◆原文
張徹在一九七0年拍攝《報仇》,劇中演員穿上民初裝,打破清裝劇的侷限,並將香港「刀劍片」轉向「拳腳片」。過去港片不論是武俠片、功夫片,都避免用槍,在片中飾演槍手的陳星在武術上和造形上均有重大的突破。造形上有當代義大利西部片的影響,並用了反應彈噴血,以慢鏡拍攝,效果十分突出。該片也使張徹在亞洲影展獲得最佳導演獎。七一年拍攝《拳擊》(狄龍主演),形成一時競拍泰拳的風氣;七二年的《馬永貞》(陳觀泰主演),衍生後來的「上海灘」戲路。
        一九七三年張徹第一次離開邵氏公司,轉移到台灣發展,在台成立由邵氏在幕後支持的「長弓」公司,拍攝他的少林系列電影,首作為《方世玉與洪熙官》。其後有《少林子弟》(1974)、《洪拳與詠春》(1974)、《少林五祖》(1975)、《洪拳小子》(1975)等片,把功夫片推上新的高潮。其中《洪拳小子》(由傅聲主演)開創了「小子片」的戲路,成為後來成龍早期「諧趣打鬥片」的濫觴,這些都在在顯示出張徹對於香港電影的影響性與重要性。

        當年張徹班底的幕後人材濟濟,劉家良與唐佳都曾是他的武術指導,貢獻甚大。倪匡為他編過很多劇本,午馬曾任多部張徹電影的執行導演,吳宇森則當過他的副導演。像這樣由一個導演帶出大批人才的情況,日後已不再出現,因為只能在大公司的「大導演制度」下才能出現。張徹全盛時期在邵氏簡直自成一國,導演的名聲比明星更響,因而可以不斷提拔新人。藉由這些人脈的累積,張徹在港台武俠電影中不僅是扮演開拓者的角色,更是一位影響甚巨的領航者。張徹共有五代的乾兒子:第一代:王羽。第二代:姜大衛、狄龍、陳觀泰、王鍾。第三代:傅聲、戚冠軍。第四代:郭追、鹿峰、江生、羅莽、孫建。第五代:程天賜、龍天翔、錢小豪。

【上記サイト訳】
チェン・カンタイ『上海ドラゴン/馬永貞』って『上海灘』の派生元なのね…。
そして『ヴェンジェンス 報仇』はイタリアの西部劇の影響、つまりマカロニウエスタン…。
『キングボクサー大逆転』はマカロニウエスタンだと分かるけど『報仇』もなのか。

1973年にショウブラザーズを離れ、台湾で長弓公司設立。
『嵐を呼ぶドラゴン』『続 嵐を呼ぶドラゴン』『洪家拳対詠春拳』『少林寺列伝』『ヒーロー・オブ・クンフー 裸足の洪家拳1975』まで作り、これらの作品がジャッキー・チェン『プロジェクトA』に影響を与えた。

75年のアレクサーンダー・フーシェン主演『ヒーロー・オブ・クンフー 裸足の洪家拳』から「小子片」と言うジャンル(ちょっと私には意味が分からないけど、少年のような男の子のアクションってジャンル?)が生まれ、ジャッキー・チェンがフーシェンを真似た髪型にしたのは有名だけど

大会社の大きな監督制度の下で、スタッフとして武術指導のラウ・カーリョン、カーウィン兄弟、唐佳(タン・チア)やウー・マ(牛馬)、助監督だったジョン・ウー(彼らは後に全員監督になる)など大量の人材を生み出し、全盛期には絶えず新人を抜擢することができた。

張徹は台湾や香港の侠客の映画の中では開拓者である(って意味なのかな…)


【張徹契仔】 
◆1世代
王羽(ジミー・ウォング)
羅烈(ロー・リエ)

◆2世代
姜大衛 (デビッド・チャン 改名後ジョン・チャン) 
狄龍(ティ・ロン)
陳觀泰(チェン・カンタイ)
王鍾(ワン・チュン)

◆ 3世代
傅聲(アレクサンダー・フーシェン)
戚冠軍(チー・クァンチュン)

◆4世代
フィリップ・コク/郭振鋒(改名前:郭追)
ロー・モン(羅莽)
スン・チュン(孫建)
ルー・フェン(鹿峰)
チャン・シェン(江生)

◆5世代
チン・シウホウ(錢小豪)
程天賜(江生の友人)
龍天翔



【2】
男らしさ、バイオレンスと張徹(チャン・チェ/Chang Cheh)と現代香港バイオレンス映画の系譜
http://www.lcsd.gov.hk/ce/CulturalService/HKFA/zh_TW/web/hkfa/publications_souvenirs/pub/englishbooks/englishbooks_detail07/englishbooks_preface07_02.html

◆原文
張徹──回憶錄‧影評集 - 張徹電影的陽剛武力革命──代序二

張徹和胡金銓,被公認為在二十世紀六、七十年代間掀起香港電影「新武侠世紀」的兩大旗手,他倆的影響都很大很深。相比之下,胡金銓的佳作無疑特別精細、靈妙,張徹作風則大刀闊斧,多產中經常粗粗硬硬。但張徹的陽剛路線大大扭轉了港片的「性格」,開創了此後長期以男星為首的港片主流趨向,這方面的影響是胡金銓及其他導演不及的。

可以說,張徹是香港電影的一代梟雄,大開殺戒,亦是破舊立新的造反派革命家。張徹簡直是香港影壇的毛澤東,他的武侠片促成華人電影的文化大革命,更貼切是「武革」──而大陸文革根本上亦以武鬥方式進行。

事實上,張徹一九六六年導演他在香港第一部武侠片《虎侠殲仇》,正是大陸開始文革武鬥之年。一九六七年《獨臂刀》大受歡迎,使他真正揚名立萬,亦適逢文革影響香港爆發大暴動之年。回顧起來並非巧合,時勢造英雄,沒有那種特殊的時、地、人交激,張徹可能亦難以在香港影壇掀起「武革」。

個人反叛的暴力美學

關於張徹的生平,我不大清楚,尤其是他早期在中國內地及台灣的複雜經歷,讀了他的遺稿和台北黃仁的紀念文章,才略有所知,並對他在國共明爭暗鬥時代於文化界、政治界的曲折際遇甚感興趣,可惜張徹自己並未寫得詳盡。

無論如何,張徹電影的「武革」,除了由於他本身強烈的個性之外,顯然也因為他成長於中國多災多難的劇烈動亂時代,充滿渴望民族反弱為強的心意,並對血肉淋漓的抗爭有深切感受。他終於在香港找到機會,實現張徹式陽剛運動。

這陽剛運動的主旨就是反弱為強。他經常重申,過去中國電影而至五、六十年代香港片,往往陰盛陽衰,女星比男星吃香,男角常常比女角軟弱,很不正常。應像西片、日本片那樣,復興尚武精神,重振男性英雄主義。

其實五、六十年代港片也有很受歡迎的男性武侠英雄,最顯著是黃飛鴻功夫片集。但關�興主演的黃飛鴻,代表着中國儒家傳統的大家長典型,強調仁義道�和上下尊卑。張徹卻有強烈革命性,側重新時代的個性解放,不受禮教體制約束。他的武侠無論為自己、為朋友、為國族血戰,經常犧牲性命,都完全是個人自主。張徹的個人英雄主義,在當時香港片及其他華人電影都前所罕見。

胡金銓武侠片亦有男性英雄,但主要是正統的忠臣義士,或反派的太監高手,或追求高超佛禪境界的高僧,都直承中國傳統典型。而且眾所周知,胡金銓拍女侠最突出。

張徹則完全貫徹着男性陽剛,他的英雄往往狂、傲、奔放,而且搏殺得血腥暴力,打破中國文化傳統儒、道、佛崇尚和平、溫文、謙厚的主流戒律。有了張徹,華人電影才湧現「暴力美學」。其實中國歷史上的血腥暴力很多,二十世紀變本加辧す岳ァ內戰而至文革都很殘暴,但在華人文藝上,到了張徹片才把暴力殺傷直接大膽地呈現得有聲有色,有血有肉。

香港轉型中動感起飛

時勢很重要,張徹片的陽剛暴力作風,以及他愛拍的青春反叛,切合當時中國文革暴潮,以及香港社會轉型期。其實那時世界各地也先後捲起青春新潮、學運怒潮和各式反傳統反體制的革命,更有凶險的冷戰、血腥的越戰,到處都難以逃避文化衝擊與暴力危險。

相對來說,經歷了一九六七年大暴動後的香港比其他很多地方穩定,可以說政府與市民大致上達成不搞政治、發展經濟的「共識」。而武侠片正好發揚青春活力,並把憤怒、反叛、仇怨與暴力衝突,集中於銀幕上發洩,化為娛樂,而把實際精力用於埋頭苦幹。就在張徹、胡金銓帶動港片充滿動感地轉型「起飛」之際,全港經濟亦開始奇蹟地躍進。

張徹畢生導演了約一百部電影,創作上精力最盛、影響最大是在一九六六至一九七六那十年(與大陸文革十年差不多)。主要代表作就在這時期產生,包括古裝的《獨臂刀》、《大刺客》(1967)、《金燕子》(1968),清裝的《刺馬》(1973)、《洪拳與詠春》(1974)、《洪拳小子》(1975),民國時代的《報仇》(1970)、《馬永貞》(鮑學禮合導,1972)、《八道樓子》(1976),現代時裝的《死角》(1969)、《拳擊》(1971)、《四騎士》(1972)等。

他的電影模式由始至終相當「定型」,但題材變化頗多。其中拍攝舊上海灘各�幫惡鬥的《馬永貞》,引發了此後一波接一波的香港�幫英雄片浪潮(八十年代哄動港、台、大陸的電視劇《上海灘》,亦間接受其影響)。他的《年輕人》(1972)、《憤怒青年》(桂治洪合導,1973)、《叛逆》(1973)、《警察》(蔡揚名合導,1973)、《朋友》(1974)等時裝片,是邊緣青春片的先聲。取材張保仔故事的《大海盜》(午馬、鮑學禮合導,1973),是較早以香港開埠前傳奇人物來借題發揮之作。《八道樓子》拍抗日戰爭,《四騎士》影射越戰,但當然都變得張徹英雄式。

七四至七六年張徹自組「長弓」公司在台灣拍片,實際上仍與他長期效力的邵氏公司有關。有趣的是身為廣義「上海人」的張徹,日漸香港化,他創立的「長弓」首先以廣東民間「南少林」傳說為主,拍出《方世玉與洪熙官》(1974)、《少林五祖》(1974)(亦涉及三合會神話)等,並側重南拳技擊如洪拳、詠春。他在台灣亦拍了「國際性」的歷史題材,如《馬哥波羅》(1975)和《八國聯軍》(又名《神拳三壯士》,1976)。他的遺稿表示《八國聯軍》是他格外傾力用心之作,然而在台灣和香港都大受刪剪,再難找到導演原版。

七七年他回到香港邵氏,此後多年拍片不少,包括多部改編金庸武侠小說,但已過了當紅時期,忙於償還片債。八十年代他另組「長河」公司,先在台灣,後來到大陸培訓國內新人,拍了多部古裝武侠片,香港反應欠佳,但也為大陸武侠片作出了「基建」工作。

九三年與大陸合製的《神通》,是張徹最後一部導演之作。

血肉綻放與死亡之舞

張徹片的武打動作主要是硬橋硬馬,注重男性的雄健感,以及血肉的暴力感。雖然銀幕上必有誇張,但他的英雄不會打不死,主角往往悲壯地死亡,正是張徹片一大特色。

他的打殺始終保持具體的凡人血肉感,不搞中國武侠世界常有的奇功異能,更反對神怪。相反,胡金銓武侠則從肉體武功開始,進而追求超脫肉體局限的飄逸與空靈,企圖從形而下升入形而上,這是中國傳統文化嚮往的進境。張徹武侠則繼承史記刺客、三國勇將、水滸�林那種寫實的血肉傳統,當然亦受西方及日本的實感動作片影響,尤其是日本�澤明和五社英雄的劍侠片。

張徹的肉體化,促進了香港動作片以肢體硬拚為發展主流,從刀劍片到拳腳片,都由初期仿效東洋刀、空手道而逐漸回歸中國「真功夫」。三十年來先後揚威國際的香港「真功夫」武星李小龍、成龍和李連杰,雖然都與「張家班」無關,卻不能忽視張徹的鋪路貢獻。

不過最有實感的張徹暴力特色,並非武打招式,而是男性的血與肉。最多壯男裸胸露肉,是張徹片招牌。他們又經常捱斬、受酷刑、五馬分屍、盤腸大戰,血淋淋地痛苦掙扎,而至死亡。大拍凌虐與死亡,亦是張徹突破華人電影傳統的重要標誌,擺脫禁忌,正面強調殘暴與死亡。這方面,至今也絕少華人導演像他那麼一貫、徹底地強調。

張徹的英雄,必須毅然面對被屠宰、被殺戮的命運。現在重看張徹電影,印象最深是幾乎必有「死亡之舞」。英雄受了致命重傷後,卻激發最強的生命力,奮勇把敵方殺得屍�遍野,然後死亡。這是他最誇張,最不合情理的武打處理,但亦是他的「暴力美學」最具個人藝術風格的終極儀式,被他一直堅持着。

他常說中國戲曲的武戲是「化武為舞」,他的「死亡之舞」直承京劇武生戲常有的垂死之戰。他以民初京劇武生兄弟為主角的《報仇》一片,就把台上台下「死亡之舞」交織表現得最典範。京劇的象徵式與電影的血肉實感對比強烈,還常用慢鏡頭來加強死亡儀式的舞蹈感。

在華人電影中,甚至在現代華人文學藝術領域中,都極少像張徹那樣不斷把死亡加以儀式化,進行歌頌,作為英雄的最終完成,以及生命的極限發揮。到了這種程度,死亡就不再是悲劇,簡直是道成肉身的自我完成。

同性與異性的微妙關係

無可否認,暴力的虐待感與自虐感,在張徹片中很顯著。而他偏重男性血肉,以及男性之間的情義與仇恨,經常引起「性心理」方面的猜測。不過,張徹也經常描寫男女情態,而其作品中同性、異性關係的變化,看來微妙複雜,尚待詳細研究,深入分析。

印象中,張徹的英雄不殺女人,卻會因女人而傷亡──《獨臂刀》主角便被師妹斬掉一臂,變成傷殘人(靈感來自金庸《神蟠⇔掘奸法─垰蒜蓮娑豸捗人引致三個結義兄弟自相殘殺。但他的英雄通常是為男人而犧牲,不是為女人。這種「義薄雲天」的江湖男性傳統,延續到八十年代香港英雄片中也很普遍。

值得注意的是,他提拔了幾代眾多男星,在陽剛中亦有不少變化。第一代的王羽和羅烈都是典型陽剛,只不過王羽很奔放,羅烈較深沉。第二代的狄龍和姜大衛就對比鮮明,狄龍是雄俊大侠型,痩削的姜大衛則「陽中帶陰」,格外輕靈、風趣、佻皮、浪漫,簡直在男侠中兼具女侠特色,是張徹英雄中特別多姿多采的一位。

另一位在陽剛中輕靈、活溌、趣緻的是第三代的傅聲,而且青春感特強,但完全明朗得像大男孩。他是張徹中年後發掘和愛用的「小子」,亦可說代表了張徹片中的兒子──徒弟形象。之前的張徹英雄多數無父無師,個人獨闖或兄弟結盟,到了第三代男星才�多了師徒關係,出現變相的父子情緣。

最顯著是《洪拳與詠春》,少林派弟子們都敬重老師,而老師衰弱危殆時又派弟子向其他老高手拜師學藝。可見張徹在這階段有了長輩心境和父親情意,比較回歸傳統,注重後人的繼承發揚,不再激情反叛。

一九七四年的《洪拳與詠春》是群戲,前段充滿「死亡之舞」的劇戰,後段側重拜師練功,主角之一傅聲後來拜老頑童袁小田為師。兩年後,袁和平(袁小田兒子)導演《蛇形刁手》(1978)和《醉拳》(1978),把拜師練功進一步活溌發揮,就使成龍大紅起來,而這兩片演老頑童師父的亦是袁小田。

張徹的男性陽剛,隨年齡而多了師徒、父子感情,很正常。不過,張徹英雄始終以「殘酷青春」為主體,一直停留在血氣方剛、視死如歸的青春搏殺期、他的主角始終沒有「成熟」。而傅聲很年輕便撞車暴卒,此後張徹繼續起用新人,但再難光芒四射。香港影壇由後進導演接班,再塑造了一代又一代的天皇男星,可惜至今仍未能成功地重建成熟的父親形象。

香港男星時代終結?

其實七十年代港片也不再是陽剛武打獨霸,湧現了李翰祥騙術片、風月片和許冠文喜劇,此後打與笑成為港片兩大典型。八十年代「新浪潮」興起,更促成男女較為平均。不過港片主流仍以男性口味為主,男星最受歡迎。直至九十年代,最叫座的也是周星馳、成龍、周潤發、劉�華等男星。

張徹對香港影壇的直接影響,到七十年代中期便減少,但出自「張家班」的人馬及受間接影響的影人很多,長江後浪推前浪,青出於藍,協力使八十年代港片的動感變化多端,大受國際注目。

目前不少成名的「港產」導演,或多或少繼承了陽剛英雄作風,包括劉家良、吳宇森、徐克、黃志強、林嶺東、杜峯、陳木勝、唐季禮、李仁港、梁柏堅、劉偉強和葉偉信等,都很顯著。就連王家衛一九八八年第一部電影《旺角卡門》,也以江湖英雄片為基礎,男主角雖有心愛女友,但也要為結義兄弟去接受死亡挑戰!

無論如何,張徹式陽剛很極端,而他促成香港男星長期稱霸,亦始終發展得欠缺平衡。過去十年香港時勢大變,出現信心危機,港片亦從極旺高峰滑落,不斷下跌,儘管仍有重振陽剛之作奇蹟賣座,例如二零零一年周星馳的《少林足球》,但無法力挽狂瀾。近年男星普遍疲弱,新女星抬頭,就成為香港影壇極低迷下的救亡支柱。

張徹在二零零二年高齡逝世,香港男星雄霸時代似乎隨他結束了。全港面對另一次重大轉型,顯然需要男女攜手,共同發揮。但張徹片強調的個人信念與頑強鬥志,是不應失傳的。而整個華人世界逐漸�多了自由發揮,以及轉弱為強的動力,相信是張徹感到安慰的。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆自動翻訳(後で書き換える)
チャンCheh──回想録‧批評家は、設定 - 革命チャンChehフィルム男らしい力はじめに2を──

チャンCheh王胡主席は、1960年代に認識された2旗手の年代の香港映画「新世紀騎士道」の間にオフに設定し、彼らは素晴らしいディープインパクトありますさ。これとは対照的に、王胡の傑作は間違いなくエーテル、非常に微細である、チャンChehスタイルは、多くの場合、ラフハード、大胆な多作です。しかし、チャンChehは男性的なラインがかなり長いその後作成するには、「文字」の香港映画を逆転し、香港の映画俳優の主流の傾向が率いる、この影響は、王胡や他の取締役が落ちです。

それはチャンChehは、香港映画、虐殺の熾烈なと野心的な世代であると言うことができる、また、新しいチャネル反乱革命家です。チャンChehは、単に真央香港映画で、文化大革命の彼の武道のフィルムは中国の映画につながった、より適切な「AFRC」である──と本土Yiyiの文化大革命は基本的に好戦的。実際に、彼は香港、最初の武術映画「トラ男が敵を全滅させる」で1966年にディレクターチャンChehだった、それは文化大革命の暴力に頼るされ、中国で始まりました。1967年「片腕の剣士」の人気なので、自分自身のための彼の本当の名前、また、香港の暴動勃発文化大革命の影響と一致しています。振り返ってみると偶然ではなく、英雄ではなく、特別な時間の種類、場所、人々は興奮支払う、チャンChehまた、香港映画の「AFRC」をオフに設定することは困難です。




個人美学反乱暴力チャンChehの生活に、私は中国本土と台湾の複雑な経験では、特に彼の初期の、わからない、彼の写本や記念品台北黄連を読んで、少しだけ知っている、と彼曲がりくねった文化の出会い、政治に非常に興味を持って、残念ながら彼は詳細なチャンChehを書いていない国民党時代の内紛。とにかく、チャンChehの彼は強力な国家の抗弱い心のために、憧れのフル悩ん中国での暴力的な不安の時代に育ったので、明らかに映画の彼自身の強烈な個性を除き「AFRC」と、肉滴下闘争は深い感情を持っています。彼は最終的にチャンCheh男らしいスタイルの動きを達成するために、香港の機会を発見しました。


この男性のスラスト運動は強いへの抗弱いです。彼は多くの場合、過去5中国映画60年代の香港映画を介して、しばしば弱い、人気俳優よりも女優は、男性の役割は非常に正常な女性の角度、より頻繁に弱いことを改めて表明しました。男性の英雄を復活させるために、ルネサンス武道精神のような西洋の映画、日本映画が好きなはずです。実際には、香港映画の五十年代および六十年代にも非常に人気の男性の武術の英雄、最も重要なのは武道のセットに一度です。しかし、いったんクワンタク興主演時間すると、中国の儒教の伝統の家長を代表する典型的な美徳と道徳を重視し、アップとダウン階層。チャンChehは制度的制約が妥当ではない、個々の解放の新しい時代に焦点を当て、強力な革命があります。彼の武道は、自分自身、友人、国のために家族の血みどろの戦い、そして多くの場合、自分たちの生活を犠牲にするためかどうか、完全に個人の自律性があります。香港映画の時間と他の中国の映画でチャンChehの個人的なヒロイズムは、以前に珍しいがあります。キングも胡男性武道の英雄が、主に正統派の忠実な義、または宦官が悪役、または僧侶の素晴らしいFochan分野の追求をマスターし、ストレート承中国代表的な伝統です。そして、我々はすべての王胡女性が最も顕著撮影し、知っています。チャンChehは完全に彼のヒーローは、多くの場合、怒っ誇り、大胆で、男性的な実装し、戦いは血の暴力だった、儒教、道教、仏教の中国の文化的伝統と主張し、平和、穏やかな、控えめな厚さの主流の戒律を破ります。チャンChehで、中国映画はの登場だった「暴力の美学。」実際には、多くの中国人は、流血の暴力の歴史の中で、二十世紀は、戦争が、内戦は、文化大革命に非常に残酷である激化が、中国の文献に、抗暴力チャンChehシートにのみ、その後大胆に向ける強打、肉と血を発表しました。香港の変遷ダイナミック離陸時刻のは、チャンCheh男らしいスタイルシートの暴力は非常に重要であり、彼はその後、中国の文化大革命の高潮、香港社会の変容に合わせて、若者の反乱を撮影するのが大好き。世界の他の地域でも流行の若者、学生運動のボアと伝統的なシステムに対する反革命の様々な圧延したときに実際には、より多くの冷戦、血まみれのベトナム戦争の危険、とどこでもそれはカルチャーショックと暴力の危険から逃れることは困難です。これとは対照的に、香港は他の多くの場所よりも安定した暴動の後、1967年に経験した、それは政府が政治と経済発展到達するために、一般的に公衆に従事しないように言うことができる「コンセンサス」を 武術映画はただ画面上のエンターテイメントに、ベントに焦点を当て、活力、そして怒り、反乱、憎悪と暴力的な紛争を運ぶが、実際のエネルギーは懸命に仕事を。チャンCheh香港映画を促進するために、王胡ダイナミック土地転換の機会に「離陸」、香港の経済も、奇跡的に飛躍し始めています。生涯ディレクターチャンCheh約百映画、創造的なエネルギーの高さは、最大の影響は、1966 1976への十年である(本土における文化大革命約10年間)。「片腕の剣士」、「アサシン」(1967)の衣装など、生産この時期の主な代表、「ゴールデンスワロー」(1968年)、清は「ブラッド・ブラザーズ」(1973)、「ハングガーと詠春拳をインストール"(1974)、「ホンクァンキッド」(1975)、共和国中国の時代「復讐」(1970)、「ヒーロー」(コパイロットBaoxue李、1972)、「7人の軍隊」(1976)、現代のファッション" "死にました(1969)、「ボクシング」(1971)、「四騎士」(1972)など。彼の映画のすべての非常に「固定観念」に沿っモードが、テーマは大きく変化。「ヒーロー」、のすべての古いギャングの戦いは、その後の波後の波香港ギャングヒーローシートの波を引き起こしたビーチで撮影(香港、台湾、中国本土ドラマ「ビーチ」で80年代フローレ、また間接的に影響を受けます) 。彼の(1972) "若い"、 "怒っている若者」(KUEI志ホン副操縦士、1973)、「反逆」(1973)、「警察」(カイ有名な副操縦士、1973)、「フレンズ」(1974)や他のファッションシート、ハービンガーエッジ青年フィルム。チャンポーツァイ描かれた物語「海賊」(ウー・マー、副操縦士Baoxue李、1973)、のための下心に創業する前に香港の早期伝説でした。「7人の軍隊は「戦争、ベトナム戦争をほのめかして「四騎士」を破ったが、もちろん、主人公チャンChehなります。七十四七まだショーの関連の彼の長期的な有効性と、実際には、台湾膜中Chehグループ「ロングボウ」会社6から。チャンChehの一般"上海の人々」、ますます香港、彼はベースの「ロングボウ」まず広東民芸「南少林寺」の伝説に設立ように、それは少林寺」「少林寺の少林寺伝説」(1974)撮影、面白いです家長」(1974)(トライアドも神話に関する)などが挙げられ、このようなナン泉拳、詠春拳のような武道に焦点を当てています。彼はまた、「マルコ・ポーロ」(1975)と「義和団の乱」(別名「ボクサー三英雄"、1976)のように、歴史的なテーマ台湾「国際」を取りました。「義和団の乱」という彼の原稿を作るために彼の意図余分な労力ですが、台湾や香港で、非常にオリジナルのディレクターを見つけるのは難しい切除されています。七回7年、彼は金庸の小説から適応フィルム、多くの年が複数含まれた後、香港ショーに戻ったが、借金を返済忙しい人気の時代物に合格しました。八十年代に彼"川"会社の別のグループは、台湾で初めて、後に本土の国内研修に新しい人々は、香港の反応だけでなく、「インフラ」の仕事製本土武術映画のために、貧しい人々を衣装武術映画以上のものを取りました。一緒に「スーパーナチュラル」の本土システムとの1993年の最後の1ディレクターチャンChehです。ダンス肉満開と死チャンChehの武道の作品は、主にハード、ハード馬を埋める積極的な男性の感覚だけでなく、暴力の肉体の感覚に焦点を当てています。画面が誇張されなければならないが、彼は死に主人公に勝るものはありませんが、主人公はしばしば悲劇的な死は、それがチャンChehシートの大きな特徴です。彼の帰属はさらに、対向ファンタジーに、しばしば奇跡的なことができます中国武術の世界に従事していない、致命肉コンクリート感が残っています。その代わり、王胡武術は肉から起動し、中国の伝統文化の憧れのエントリである形而上学から上昇するエレガント、エーテル性、形而上学的な試み、の物理的な限界を超越しようとしています。チャンChehも本当の感動影響を受けた西洋の作品と日本の影響、特に日本の黒澤明と五社英雄剣士膜として、当然の歴史武道の暗殺者、伝統3勇敢な、水滸伝グリーンウッド現実的な肉を、継承されました。チャンChehの肉、早期エミュレート東洋ダオ、空手によって、拳の部分をスライスし、徐々に中国に戻るには剣から、開発の主流のために四肢無謀香港アクション映画を促進する「カンフー。」「竹クラス」の両方が、何の関係もありませんが、チャンChehの舗装の寄与を無視することはできませんが、三十年のために、国際的な「カンフー」スターブルース・リー香港呉、ジャッキー・チェンとジェット・リーで受賞しています。しかし、チャンCheh暴力的な性格ではなく、武道は動くが、血と肉の男性のほとんどの本当の意味。ほとんどの強い男性は、露出した肉をトップレスチャンChehシートの兆候です。彼らはまた、多くの場合、カット、拷問、Wumafenshiディスク腸戦争、流血の苦しみ、そして死を被ります。グレートショット虐待と死は、また、伝統的な中国の映画を突破、タブーを取り除くチャンChehの重要なシンボルであり、正は残忍と死を強調する。この点で、彼のようなこれまでにまれに中国の監督はとても一貫して徹底的に強調しました。チャンChehの主人公は、断固として、殺される運命を虐殺して対決しなければなりません。今すぐ再読み込みチャンChehフィルムは、最も深い印象がほとんどなければならない"死の踊り」です。主人公が致命傷を負傷した後、しかし、勇敢に、その後、死を敵の死体を殺し、最強の活力を刺激します。これは彼の最も誇張された、最も非良心的武道のプロセスですが、また、彼は主張してきた彼の"暴力の美学「最も究極の個人的な芸術的なスタイルの儀式、。彼はしばしば中国のオペラレパートリーは「ダンスのためのCW、 "彼は"死のダンス」武生は、多くの場合、戦争で死ぬ遊ぶ直接関係のオペラだと述べました。彼は「死の舞踏」のステージに置かオペラ武生「復讐」は、一方の主人公、早けれ共和党兄弟が最も典型的なインターリーブを振る舞いました。強くシンボリック肉のオペラや映画の本当の意味を比較し、また、一般的にスローモーションダンスインフルエンザの死の儀式を強化するために使用されています。儀式死は、最終的な完成の英雄だけでなく、生活の演劇の限界として、賞賛を行うことがし続けている中国映画では、あっても現代中国文学や芸術の分野では、めったにチャンChehようません。程度に、死は、もはや悲劇ではない、単に自己実現の化身です。異性と同性愛微妙な関係が虐待や暴力自虐感の否めない感覚ですが、それはチャンChehフィルムで重要です。彼の男性の肉体に重点を置いて、男性間の友情と憎悪の絆、しばしば投機の「心理的」側面を引き起こします。しかし、チャンChehもしばしば同性愛を変更し、男性と女性の様式を示している、異性関係は、働くことはまだ詳細、詳細な分析に研究されるように、繊細で複雑なようです。印象、チャンChehの英雄は女を殺すことはありませんが、ために死傷者の女性──「片腕の剣士」主人公は病人に細断ジュニア姉妹見習いアーム(金庸の"悪"に触発さ)になります。 "とげ3宣誓兄弟はお互いを殺すの女性から生じる馬」。しかし、彼の英雄は、多くの場合、男性のためではなく、女性のために犠牲にされます。男性の伝統は八十年代の香港の英雄膜に続け川や湖のこの「正義の精神"も非常に一般的です。それは男性的で多くの変更もありますが、彼は俳優多くの世代を促進したことは注目に値します。王ゆうとLo・リエの第一世代は男性の典型的なものであるが、ジミー王はロー・リエ比較的深い、非常に大胆です。第二世代デビッドディロンとは対照的に生姜、ディロンはハンサムな英雄に特に光とアジャイル、機知に富んだ、いたずらな、ロマンチックな、ほとんどの女性が男性男性の両方で紹介オス型、薄い生姜デビッド「バンドで陰陽」であります、チャンChehの英雄特にカラフルです。ブリスク、活気のある、楽しいディスプレイで男性的でもう一つは、第三世代福盛で、若者が特に強いが、大きな男の子のように完全には明らかに感じます。彼は、掘削後の中年チャンChehで、使用するのが大好き」子供を、「チャンChehフィルムは息子──見習いの画像を表すと言うことができます。チャン最も英雄的な教師の前にChehなし父、または第三世代の俳優に同盟兄弟武装個人が唯一のメンタリング関係、父と息子は変装の愛に登場増加。最も重要なのは「拳と翼チュンは、「少林寺の弟子たちは先生を尊敬しているですが、先生は他の巨匠に弟子入りし、弟子たちが非常に弱い送りました。チャンCheh年長者と父親の愛情と、この段階での可視気分、将来の世代が継承し、繰越に伝統的なフォーカスにより復帰、もはや情熱的な反乱。1974年の「拳と翼チュン」はドラマの基であり、ドラマ戦線"死の舞踏」の全セグメントは練習後に見習いに焦点を当て、福盛後に教師としての古いエルフユエン・シャオティエンの主役の一つは感謝します。2年後、ユン(ユエン・シャオティエンの息子)ディレクター(1978)「スネーキーモンキー蛇拳」や「酔拳」(1978)、見習いの練習さらなる活性遊び、それはジャッキーがアップ赤くなり、2枚の古いエルフマスターをプレイまた、ユエン・シャオティエンです。チャンCheh男らしい男性、年齢とより指導、父と息子、正常な。しかし、チャンChehヒーローはいつも主の戦いは彼の主人公は決して、エネルギッシュなの若者に死の恐れ立ち往生されているように「残酷な若者」になっている「成熟」。そして、福盛は、新たなチャンChehを使用し続け、その後、クラッシュが、輝きが難しい突然死ぬ、その後非常に若かったです。香港映画は、下位連続によって指示した後、天皇の俳優の生成後の世代を作成しますが、正常に成熟した父親のイメージを再構築することができませんでした。香港俳優時代の終わり?実際には、香港映画はもはや年代ではない武道が支配的男性的、李漢シャンのトリックフィルムの出現は、2つの典型的な香港映画になって笑いでプレーした後、シートとマイケル・ホイコメディを売春宿。エイティーズ"ニューウェーブ"上昇は、より多くの平均的な男性と女性につながっています。しかし、まだ主流の香港映画男性支配の味、最も人気のある俳優。年代までは、最も人気のあるプログラムは、周星馳(チャウ・シンチー)、ジャッキー・チェン、チョウ・ユンファ、アンディ・ラウ、俳優です。1970年代半ばに香港映画のチャンCheh直接的な影響は、削減されますが、多くの人の影の影響を受けて「張クラス」と間接的にすることによって軍は、長江に取って代わる後、八十年代の香港映画を作るために一緒に働くEXCEL動的変更、大幅に国際的な注目。現在、「香港産」の多くは、名声のディレクターは、多かれ少なかれラウカーウァイレオン、ジョン・ウー、徐克(ツイ・ハーク)、Wong氏、リンゴ・ラム、ジョニー、ベニー・チャン、スタンリー・トン、ダニエル・リー、パトリック・レオン、劉偉強(アンドリュー・ラウ)と葉偉信(ウィルソン・イップ)を含め、男性的英雄のスタイルを継承しますように、非常に重要です。1988年にさえ、王家衛(ウォン・カーウァイ)の最初の映画、「ゴー・バイ涙のように」だけでなく、河川や湖沼の英雄ピースごとに、俳優の最愛の恋人が、だけでなく、死の挑戦を受け入れるための宣誓の弟のように!とにかく、チャンChehは極端なスタイルを男性的、そして、彼は香港の長期支配俳優に貢献し、またバランスの欠如を開発しました。香港の現在の状況は大きく、このような2001(チャウ・シンチー)の「少林サッカー」のような男性のための大ヒットを復活させる奇跡は、まだありますが、信頼の危機の出現は、香港映画にも落下、滑りから非常に忙しいピークであり、過去10年間に変更することはできませんが、流れを変えます。近年では、一般的に弱い俳優は、新しいスターの上昇は、極めて緩慢下の香港映画の救いの柱となっています。チャンCheh古いが2002年に亡くなった、香港の俳優は、時代がそれはそう彼と一緒に終了しました支配しました。香港顔別の大きな変化は、男性と女性が一緒に働くための明確な必要性、一緒に遊びます。しかし、チャンCheh片が個人的な信仰と不屈の闘志を強調し、失われることはありません。そして、全体の中国の世界は徐々に再生するだけでなく、慰めチャンChehであると考えられて強い力を弱めるために自由を増加させました。



 

| 張徹(チャン・チェ)Chang Cheh | 09:31 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:31 | - | - |
こんにちは。張徹メモ見ました!
台湾のHPはサイト自体無くなっているようですね。
現在はこちらで見れます。
https://web.archive.org/web/20041209084753/http://edu.ocac.gov.tw/culture/chinese/cul_kungfu/c/4142-2.htm
| saruken master | 2016/01/03 3:13 PM |
sarukenさん、ありがとうございます。
リンク張り替えさせて頂きます&#12316;
| えす | 2016/01/04 3:34 PM |