CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
狩人の夜
狩人の夜 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ミッチャム
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

Ninth

日々観た映画についての記録と備忘録
ルキーノ・ヴィスコンティ映画祭



写真家篠山紀信の『ヴィスコンティの遺香』写真展に伴い、ルキーノ・ヴィスコンティ映画祭が行われます。





■ルキーノ・ヴィスコンティ映画祭
■日時/2007.7.24(Tue)〜8.2(Thu)
■場所/東京(九段)・イタリア文化会館 B2F アニェッリホール
 ↑東京に住んでてウン十年、こんな場所あったなんて始めて知りました。
■ラインナップ
 若者のすべて(1960年/177分)
 山猫(1963年/187分)
 ルートヴィヒ(1972年/237分)
 イノセント(1976年/124分)
 熊座の淡き星影(1965年/100分)
 地獄に墜ちた勇者ども(1969年/158分)
 ベニスに死す(1971年/133分)


詳細はこちらから


1年くらい前に、新宿タカシマヤタイムズスクエアでビスコンティ100周年記念映画祭があって「イノセンス」を観れた訳なのですが、まさかこんなに早くまた見れるとは!
「地獄に墜ちた勇者ども」なんて大きなスクリーンで見たらぐったり疲れそう(笑)
個人的には「熊座の淡き星影」が気になります。
確かビデオもDVDにもなってなかった筈、、、
「若者のすべて」も見たいけどヘヴィーすぎる。。。、、




| 映画(情報メモ) | 22:58 | comments(0) | trackbacks(5) |
フランソワ・オゾン新作「ANGEL」

フランソワ・オゾン公式サイトにトレイラー&フォトなどが上がっております。
今回驚かされたのは、なんと全編英語作品で原作本付き、そして極め付けが文芸作品(多分)である事!
またもオゾン監督の新たな部分が見れそうで楽しみです。
フランス公開は3月から!


オゾン公式サイト






◆Title:ANGEL
◆2007年仏・ベルギー・英
◆Cast:ロモーラ・ガライ/ルーシー・ラッセル/シャーロット・ランプリング、サム・ニール
◆原作:Elizabeth Taylor(女優のリズとは別人)
◆2007年ベルリン映画祭クロージング作品


ヒロインらしき女優のドレスも可愛いし、この女優さん可愛いなぁ・・・・
知らないけど・・・・
シャーロットはまたまた登場でファンとして嬉しい。

| 映画(情報メモ) | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴィスコンティ生誕100周年祭*テアトルタイムズスクエアにて


どうやらヴィスコンティ閣下の生誕100周年と言う事で、関連書籍やリバイバル上映が行われるようです。
私にとって閣下は「芸術の神」なんでこのリバイバル上映、是非見たい!
っつーかもっと他の作品も上映して!(「異邦人」とか〜〜〜)


■ヴィスコンティ生誕100年祭 10/7(土)〜
 INテアトルタイムズスクエア新宿

*ラインナップ
『山猫』
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ、ピエール・クレマンティー、ジュリアーノ・ジェンマ
2003年・1963年/イタリア・フランス
186分/カラー

memo
テレビで短縮版は見ましたが、完全版は未見。
お貴族様のお館やラストでの舞踏会シーンは圧巻。
タンクレディ(Aドロン)の眼帯姿にシビれます(どこ見てるんだ)

閣下の映画には常に「諦観」って言葉がつきまとう。
あんなにゴージャスなのにどうしょうもないやるせなさに圧倒される。


『ルートヴィヒ』
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、シルヴァーナ・マンガーノ、トレヴァー・ハワード
1973年/イタリア・ドイツ・フランス
240分/カラー

memo
その長さと、主人公の惨じめっぷりに未見。
閣下はSでMなんだろうか。

『イノセント』
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニール
1976年/イタリア・フランス
129分/カラー

memo
遺作。
ラウラ・アントネッリを使うあたりが閣下らしいと思う(この人可愛いよね、っつーか昔のエロ系女優ってシルビア・クリスティルとかイケイケ(?)よりも清純派な顔立ちの人が多い気がする)
これまた諦観の映画っぽい。暗そうだけど見たい。

映画館情報はこちらから



イタリア文化会館でもやってるようですが、これは招待制っぽい?
| 映画(情報メモ) | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |